体験談

引き寄せの法則体験 貧乏時代に最初に出会った引き寄せ本

2021/06/25

 

引き寄せの法則に 貧乏時代 最初に出会った本

 

私が 2回目の貧乏のどん底時代から 浮上するきっかけをもらった

運命の本との出会いの話です。

(2回も 堕ちてるんかーい。)

 

 

本屋さんで手に取って

「これだ!!!」 と 思い 買った本です。

 

「ついに出会った!」

「これで 助かる!!」 と 喜びにあふれて

レジに持っていきました!

 

私鉄沿線の 小さな本屋でした。

 

ドキドキしながら

1週間以上分の食費を

本代に変える決心をして

 

なけなしの お金を 支払うわたしに

レジを打つために

その 本を手に取った 本屋の主人は

(哲学書とか 固い本が好きそうな

白髪のおじいさんでした。)

 

その本の題名を見たのでしょう。

 

わたしの顔を

チラっと 一瞥しました。

 

本を見て ゆっくりと

顔を上げて

私の顔を見るんです。

 

そうです そうですよ!

わたしは その本のタイトル通り

「眠りながら 巨富を得て

やろうとおもってる

やからですよ!」

 

人生を甘く見てる

おじょーちゃんですよ!!!!

 

誰にどう見られても

平気です。

 

ズタボロ 貧乏生活で

やけくそになってるんですから。

 

一刻も早く その本を持ち帰って

読みたい!!!!

 

おじさんの 冷たい そして

憐れむような視線

ちょっと 残像は

脳裏に残ったけど

 

早く 家に帰って

読みたい!

すぐ読みたい!

 

あああ  これで

貧乏から おさらば出来る!!!

 

本屋さんから 小走りに近い速足で

私は その本を 胸に抱えながら

アパートへ戻ったのでした。

 

貧乏時代に 引き寄せの法則の本を読んだ後どうなったか 体験

 

 

 

最初は 本の内容が信じられませんでした。

 

しかも アメリカの話なので

なんとなく ピンとこなかったし

「やっぱ ダメかーーー」って

最初の 期待が大きかっただけに

ちょっと 意気消沈しました。

 

 

 

でも

その本の中の 願望を引き寄せた人たちは

「だめかー」っていう状況の中

信じて法則を実行したんです。

ミラクルを

起こしているというのを 読み進んでいるうちに

「そうね ダメもとで 貧乏から

抜け出られたら みっけもんだし。」

 

ということで

潜在意識に 刷り込むため

毎晩 寝る前に この本を 読みました。

本屋さんから 買って来たその日に 一気に

最後まで 読みました。

 

そのあとも

毎晩 毎晩

 

意味がよくわからなくても

そんなこと あるのかなぁ と

最初は 思いながらも

とにかく 信じる

 

そうなる

そうなったと

思いながら

そのまま 眠りにつくまで

毎晩 読みました。

 

それからは

マーフィーの

シリーズを

どんどん 読みました。

 

そして

本を読んで

1か月後に

ビジネスチャンスが来ました。

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

と 思いました。

 

やっぱり 来たーーーー!!!

 

うそじゃなかった。

 

心臓が ドキドキしました。

 

この本は

魔法の本なんかなーって 思いました。

 

 

貧乏時代に最初に出会った引き寄せ本で引き寄せ成功した理由

 

 

素直に チャンスに乗りました。

 

だって 「マーフィーの法則本」に

書いてあるように

みんな ある日突然

願いを叶えていたから。

 

とうとう 私にも来たと思って

なんの疑いもなく 乗りました。

 

素直というか

おばかさんというか

 

もしも その話が 詐欺だったら

どうしたでしょう。

 

そんなことも まったく 疑わずに

本を読んで 洗脳されていたのか

 

これで 貧乏 脱出だ!

月収 100万だ!って

 

喜んでいました。

 

引き寄せの法則で 引き寄せの成功には

「素直さ」や

「信じて疑わない」

このふたつが 

 

重要 トップ2 だと思います。

 

 

 

引き寄せの法則体験 貧乏時代に最初に出会った引き寄せ本読んで1年後

 

1年後

私は 月収100万円になっていました。

「信じるものは救われる」

というのは 本当なんだと 思いました。

ほんの キッカケひとつで 人生は変わる事を体験しました。

 

 

 

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

-体験談

スポンサードリンク