ミラクルな体験 叶った願い 引き寄せたもの

人生の転機にどん底という強烈な前兆サインがある

2019/12/17


私は 人生どん底というものを何度か味わいました。

でも それが人生の転機、ターニングポイントとなりました。

人生どん底があったからこそ今があります。

 

今回は

・どうしてどん底が来るのか

・どん底から救った1冊の本

・どん底からV字復活 

どん底から復活できた考え方

 

これらを 私の体験を織り交ぜながらお話しします。

 

人生の転機にどん底という強烈な前兆サインがある

人生の転機に 「どん底」が来る というのがあります。

どん底は 来ない方がいいです。

 

でも 来た方がいいんです。

(どっちやねん!)

 

うーん どっちもですね。(笑)

 

でも 成長するためには どん底はあったほうがいいです。

どん底を経験して 大飛躍している有名人もたくさんいますね。

 

どん底は 自分が成長するためにやってくる

どん底は 自分の成長のためにやってきます。

というか

 

引き寄せの法則では  

「成長するために自分がどん底を呼び込んでる

ということになります。

 

でも どん底真っ最中の時は それに気が付かないと思います。

 

這い上がるために 必死でもがいてますから。

何も見えません。

 

「どうして こうなんだろうー。」とか

「いつになったら 楽になるのだろう」とか

「この人生は 苦労で終わりだー」としか

頭にない状態だと思います。

 

わたしが そうでした。

 

でも その時 あきらめちゃだめなんです。

 

絶対に 幸せになる! 好きなように生きる!」と

絶対 ムリ と思わない事が大事です。

自分が成長しなければ それ以上のものには

なれないから 

 

「今 がんばる時期」

自分が あえて

自分に課題をだしてるのが

逆境 とか どん底 です。

 

なので

乗り越えられないはずはないのです。

 

どん底から救われた本との出会い

 

私がその本と出合ったのは

2回目の 崖っぷち、 どん底が来たとき

なにか 浮上する手掛かりはないかと

いつものように 困った時の 本屋のビジネス書棚

自己啓発コーナーに行きました。

 

そして 今ある逆境は 自分が自分に出してる宿題

と書いてある本に出合いました。

 

つらかった気持ちが すーーーっと 引いていくのが

わかりました。

 

ソウダッタノカ!

 

今のつらい出来事は 自分が自分に出してる宿題?

それは 何のために?

自分が 成長して より幸せになるために

ダッタノデス

 

だから 「わたしなら これくらい 簡単に クリアできる」

程度の 課題しか 出てこないというのです。

 

「だったら 出来るわ。わたしは自分に甘いから 

 やさしい問題しか出さないもん!

 こんなの楽勝よ! 」

と 開き直ることが出来ました。

その時の キッカケの 本は こちらです。

生きがいの創造 [ 飯田史彦 ]

 

その後 意識が変わって行動できたので

本当に 深刻だった事態が 

うそのように好転して どん底を迎える前よりも

ぐぐぐっと上昇しました。

 

どん底から復活した考え方と行動

具体的にどんな状況だったかというと

 

経営している会社の業績が悪化 

にっちもさっちも行かない状態で 

その上 信用していた人が

お金をどんどん使いこんでたため 

心底 人間不信と 自分の 見極めの悪さの

自信喪失状態でした。

 

その時の 心境を表すと

見上げるほど黒く大きい重厚な鉄の扉がずーっと 目の前に

立ちはだかっている 

暗い荒野に いつまでも 黒い大きな影を

落としている壁から わたしは

離れられず ただただ 見上げるだけの姿

 

 

じっとしていても仕方ないので

無駄とは知りつつ いろいろ動いたりしてる中

本屋さんへ立ち寄り 

先ほどの本 と出会ったのです。

生きがいの創造 科学研究から読み解く人生のしくみ (PHP文庫) [ 飯田史彦 ]

その本を買って 読み進むうちに 目からボロボロうろこが落ちて

 

自分のどん底、 逆境に 感謝できました。

 

「いいぞ 自分 ナイス♪ 

 そか この苦労は 幸せを呼び込んでくれるのか!

 ありがとう 逆境♪ 最高 どん底!」

 

気分が切り替わったら 不思議なことがどんどん

起こって来ました。

結局 このいやな雰囲気のどん底をぬけでればいいから

今の 事態をなんとかするのではなく

回復することに 力を尽くすことはすっぱりやめて

また 新しい事 はじめよう と ひらめいたのです。

 

やりたい事をやって幸せ感を感じたらうまくいく

なんとかしようとするから

つらく せつない状態が続いている

 

起死回生を狙って努力を続けても 

全然 楽しくないなぁという

感情が 出てきました。

 

なので 執着を手放して

新しい やりたかったことをはじめよう    

そう思い 行動しはじめました。

 

すると どんどんいい情報が集まって来て

わたしは 無事 方向転換することに成功

楽しい日が やってきました。

 

この新しいこととは

飲食店を開店する事でした。

もともと 美味しいお店や 素敵なお店に行って

飲食をすることが好きでした。

 

でも 自分ではやろうとは思っていなかったのです。

 

どん底が来なかったら 一生 

「お店をやってみたいなぁ。」という 憧れで

終わっていたでしょう。

 

飲食店の開店には 相当の資金が必要です。

もちろん 経営がうまくいっていないのですから

数千万のお金は 右から左へとは 出てきません。

 

ですが。 こちらは 必死です。

 

楽しい事へ 必死に 動き始めたら いい情報が集まって来て 

不思議なことに 銀行からの融資がOKに

なったのです。

 

そして お陰様で お店は繁盛し

融資も返済完了しました。

 

 

どん底そのものが 人生がよくなっていく直前のサイン

このような 体験があるので わたしは

声を大きくして 言いたいのです。

 

もしも あなたが 今 どん底でとてもつらい状況に

あるかもしれません。

 

でもそれは 絶対に

抜け出られるものですから 安心して下さい。

 

そんな風に 今

考えられなくても 実際 そうなります。

 

1年後は きっと

 「ああ あの時は 大変だったなー。

  よくなることを 信じて

  あきらめないでいたから

  今 こうなってるんだなぁ」

 

と 言ってます

 

また こうも言っています。

 

「今 つらいよね?  

 本当に ありがとう。

 そのおかげで (未来の自分)

 今 幸せなんだよ。」

 

自分にお礼を言ってるのが聞こえませんか?

 

わたしの こんな体験 経験が 少しでも

なにかのヒントやキッカケになってもらえたら

うれしいです。

 

どん底について この記事も書いています。

占い師のおばさんに出会った話 
「引き寄せの法則と占いはもの凄く似ている奇跡的な体験」

 

どん底脱出キッカケを与えてくれた本

生きがいの創造 [ 飯田史彦 ]

 

最期まで お付き合いいただき ありがとうございました。

 

 

自由に稼げるようになった気分を一足先に

味わえることが出来ます♪↓

だいぽん書籍11

アマゾンランキング1位おススメです♪ 


面白くて為になって 自由になるヒントがいっぱいです(o^-’)b

↓ダウンロード ネットで無料で読めます。

自由な人生を手に入れる教科書

     

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ミラクルな体験, 叶った願い, 引き寄せたもの

スポンサードリンク